即りっしゅのナンパブログ

即りっしゅ (@puasince0430)さんをチェックしよう https://twitter.com/puasince0430?s=09

ダレ〇ガレ似のモデルの卵 ③

イライラする。

 

この記事の、女にだ。

 

 http://sabonsabon.hatenablog.com/entry/2018/08/22/051432

 

 

いや、違う。

 

 

自分自身にである。

 

 

 

 

 

 

準即を決めたあと、体調を崩した。

 

1週間ほど本格的に体調が悪く、家に引き込もっていた。

 

そのせいか、俺は精神的にやんでいた。

 

精神的に弱っている時は、冷静な判断をすることができない。

 

バカみたいな行動を取ってしまう。

 

そう、

 

 

急に告白した。

 

 

 

 

 

その日はその子とデートする予定だった。

 

けど俺の体調グダでドタキャンした。

 

その勢いで、

 

なんか行ける気がして

 

告白してしまったのだ。

 

 

結果は、

 

 

「まだあったばかりだから〇君のこと知ってからの方がいいと思う」

 

 

 

 

 

 

めびひむくてけ、(かけ(むいおー!!!!

 

 

 

そりゃそうだ。

 

当たり前というか、妥当な判断だ。

 

 

その後とりあえずアポを取り付けることは出来た。

 

が、2週間以上先

 

食いつきが下がっている…!!

 

そりゃ、そうだ。

 

好意を先に伝えた方の負けだ。

 

俺が食いついてるわけだから、わざわざ近い日に会う必要が無い。

 

 

うおおおおおおおおおおおあ

 

 

完全にミスっている

 

 

というより、この一喜一憂してる所が、まさに非モテコミットである。

 

なぜか好きになってた。

 

ばーか。

 

 

数日後、体調が治った。

 

そして、非モテコミットも割と治った。

 

 

それから毎日LINEはしていた。

 

返信は早い

 

けど、めっちゃ雑で塩

 

ギャル特有のあの感じ

 

わかるかな

 

 

 

そして、

 

某日。

 

あることに気がついた。

 

 

この女に対する謎がわかった。

 

全てがこれで説明できる。

 

 

 

この女は、自分のためになるなら身体でも使う女だ。

 

貢いで貰える可能性のある男なら、色を使ってキープする。

 

自分の生活を華やかにしてくれそうな人なら、友達になる。

 

多分、そんなやつ。

 

今使ってる財布も元カレに買ってもらって10万以上するらしい。

 

まだ20だぞ。

 

脱毛や髪や服や小物バッグまで周りの人にやってもらっている。

 

細かいことは言えないが。

 

声をかけてくる男に、である。

 

クラブだってみんなが呼んでくれるからお金なんて払わない。

 

Djに声かけられて知り合いになったから。

 

文章にかなりまとまりが無いが、本当にイライラしている。

 

自分で何も決めてない。

 

全部周りにまかせてる。

 

何もしなくてもやってもらえる。

 

顔が、綺麗だから。

 

男は、そーゆー女を捨てられない。

 

美女と、知り合いでいたい。

 

付き合っていたい。

 

どんなにクズってわかっても。

 

それでは、搾取されるだけだ。

 

ずるずると。

 

それに気づきながらも、利用されてしまうのだろう。

 

 

本当に懲りたとき、やっと女性に別れを告げる。

 

しかし彼女から追ってくることは無い。

 

来るもの拒まず去るもの追わず。

 

 

だから路上で声をかけられてもノーグだでLゲできる

 

てるほ打診にもグダらない。

 

打診する前絶対無理だと思ったのに

 

これまでの経験上、行けないやつだと思ったのに

 

ノーグだ。

 

誰にでも抱かれるのだろう。

 

あの〇Jにも。

 

あの〇〇師にも。

 

気持ち悪い。

 

 

こんな女と付き合うべきではない。

 

 

こんなクソ女とは、もう連絡を取るべきじゃない。

 

 

と、わかっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

 

 

手放せない。

 

 

そんな俺に、嫌気がさす。

 

 

 

 

あの美人を死ぬほど手に入れたい。

 

 

どうにかして心を奪いたい。

 

 

どうすればいい。

 

身体を手に入れたのに。

 

もうナンパ師としての役目は果たしたのに。

 

俺は何がしたい。

 

付き合いたい?友達になりたい?

 

あの美女を横に並べて歩きたい?あの華やかな生活を少しでも味わいたい?

 

答えは、yesになってしまう。

 

 

 

 

どうすべきなのか。

 

いいお店になんて連れていかないで、おかわり?

 

例外的な存在となる?

 

いいお店に連れてって貢ぐ可能性を示唆して交際に至る?

 

はっきり物申して関係をきる?

 

友達になる?

 

更生させて幸せなカップルに?

 

 

 

 

毎日素っ気ないくせに返信の早いラインがくる。

 

あっちのスタンスは変わらない。

 

まるで業者。

 

利用できそうなかも達にはいい顔する。

 

ひたすらメンテをする。

 

 

 

状況として、色を使う必要もないと思われている。

 

食いついた!って思われている。

 

完全に主導権はあちらにあった。

 

 

最初っから。

 

 

 

 

 

つまり、俺には美女はまだまだ上の上ってことだ。

 

そんな自分に、イライラする。

 

 

たぶん続く。

 

 

 

じゃあの。