即りっしゅのナンパブログ

即りっしゅ (@puasince0430)さんをチェックしよう https://twitter.com/puasince0430?s=09

犬スト ちょっとした挫折を味わう

ここにきて、挫折。

 

〇結果

4時間

17声掛け

5オープン

11ガンシカ

1Lげ

 

Lげ子は、22歳デザイナー

名古屋からこの春上京して、神奈川住み

家具を買うのに付き合って、和んでLげ

土日は時間あるらしいのでお茶でもしましょうという打診 

スト値は4

食いつきは良好

 

〇反省

まず、オープン率がダダ下がりした件。

せっかく、オープン率を引き上げ、トークに力を入れようとした矢先に。

昨日と同じ場所でほぼ同じ時間帯で、週末という点も同じ。

では、どのような違いがオープン率の低下を生んだのか。

一つは、睡眠時間の短さから来る元気のなさ

もう一つは、声掛けに対する慣れから来る雑さ(?)

 

しかし、決定的な所は、わからない。

けれど、決定的に、自分に足りない部分に気がついた。

それは、合流して下さった、凄腕の人を見て気がついた。

圧倒的な陽キャ感。

なぜか、話したくなるあの感じ。

そりゃあね?

陰キャがモテないのは昔からわかってる。

そしてこれまで色々して、陰キャではなくなった。

と、思っていた。

しかし、いつのまにか、陽キャという存在とはほど遠い所にいた。(客観的にはわからないが)

陽キャがどんなものか、忘れていた。

 

では、どうすれば陽キャになれるのか。 

トッモと話した結果、陽キャがいる環境に身を置くという結論に至った。

陽キャと接していないと、陽キャがどんなものかすら忘れてしまう。

陽キャじゃない人とだけ接していると、まるで自分たちは陽キャであると錯覚してしまう。

言い換えると、自分の中で陽キャの基準が下がってしまう。

 

だから、これからは女だけじゃなく陽キャとも積極的にコミュケーションを取っていきたい。

 

 

とりあえずは、前のLげ子も今日のLげ子も死番してないので準即を狙いに行く。

そして、次回のストはまた丁寧に声掛けして連れ出しを目指す。