即りっしゅのナンパブログ

即りっしゅ (@puasince0430)さんをチェックしよう https://twitter.com/puasince0430?s=09

さっきの犬ストの補足メモ、トークの闘争

ストリートナンパを1から丁寧に取り組んでいます。

久しぶりにストに出て1オープンしか出来なかったあの日からスタートした気がします。

それから、3出撃しました。

3出撃目は、8声掛けで6オープンしました。

とりあえず、声掛けの精度(オープンできる声掛け)は上げることが出来ました。

なので次は、連れ出しまたはLげができるトークを磨かなければなりません。

 

これまで全然刺さってなくてもとりあえず1通り打診するというスタイルでしたが、全く主導権を握っていないので、するだけ無駄だと感じました。

刺さるトークをしなければいけないし、魅了しなければいけない。

 

イケメンでもない仲良くなったわけじゃないなんかしてもらったわけでもない普通にあやしいそんな人にLINE教えないし暇でもついて行きません。

知らない人について行くなと昔から言われてるし女の子だしましてや美人だし俺も知らない人に声かけられたら基本ガンシカするし。

そのへんの常識を意識しつつ、考えていきたい。

 

 

〇基盤となるストーリー

友達とこれから遊ぶんだけど、友達が遅れるっぽくてそれまで暇だからふらふらしてたらめっちゃタイプな人いて、気づいたら声かけていた

狙い→怪しい人ではない、時間を制限、褒め

(聞かれたら言う)

 

〇鉄則

必ず和んでから、自然な形で打診

和みの定義→楽しい時を共に過ごしたこと

 

 

〇どんなトークを意識するか

たとえ相手がどんなに忙しい場合でも、目の前に白馬の王子様が現れたら、どこへでも着いていくだろう。

つまり、自分の価値を伝達して、魅了しなければいけない。

ただ、完全にそれだけで攻めるのは、相当難しい。

なぜなら、自分にスト高と見合うような価値はないからだ。

 

では、どうすべきか。

やはり、たくさん笑わせることで、この人と一緒にいて楽しいと思わせることが大切だと思う。

笑わせるために、共有スペースや相手の言動をいじる。

そのいじりが主導権を握ることにも繋がる。

もちろん笑わせるだけだと連れ出せても即や準即は厳しくなりそうだ。

だから、自分の価値を伝えるための、余裕もさりげなく見せていく。

 

まとめると、余裕を見せつつ、いじって笑いを取り、主導権を奪い取る。

 

結果的に、なんか楽しいしちょっとすごい人っぽいからついて行ったら、とっても色気のある素敵な人で、今夜だけなら抱かれてもいいかなって思わせれたら、即なんでしょう。

即も準即もしたことない初心者なんですけどね(笑)

 

あと、合流して気づいたけど、合流するとしないじゃ精神状態が違って、オープン率が上がるし、地蔵率が下がる。

だから、完ソロでも同じくらいのマインドを手に入れたい。