即りっしゅのナンパブログ

即りっしゅ (@puasince0430)さんをチェックしよう https://twitter.com/puasince0430?s=09

Tinder 最近の傾向と対策

1年くらい前からTinderをやっていて、途中半年ほど彼女ができたりしてやめていた時期があったのですが、その前と後で明らかに状況が変わっていました。

 

主に変わっていた点は、Tinder人口、目的の多様化、女性の警戒感です。

最後の、女性の警戒感が一番重要です!

 

まずTinder人口についてです。

これは「暇な女子大生」などの影響で知る人が増えて、実際に始める人も増えたのでしょうか。

人口の増加の影響により、マッチがしずらくなってしまいましたね。。

これは、どうしようもないと思います。

 

次に、目的の多様化です。

以前は恋愛、セフレ(名目上)、国際交流などが多かったのですが、友達を募集している(名目上)人がすごく多くなった印象です。

援〇、イベント、ビジネス、勧誘、業者なども前はほとんどいませんでした。。

 

最後に、女性の警戒感です。

どういうことかと言うと、普通の女性のプロフィールの半分近くに、「ヤリモク×」系のことが書いてあるようになりました。(笑)

つまり、男性がヤリモクと思しきメッセージを送っているのです。(憶測であり伝聞)

いきなり会おうとするとか、いきなり下ネタとか、ひどい人は直接誘ったり。

このようなヤリモクアプローチも、「暇な女子大生」の影響があると思われます。

結果として、Tinderのヤリモクイメージがついて、女性は警戒するようになりました。

 

対策としては、誠実系のアプローチが吉です。

一年前は、顔とプロフィールという第一印象をクリアしてマッチしているから、ガツガツアプローチして10ラリー程度でアポ(会う約束)の打診をしても全然大丈夫でした。

アポもドタキャンされることはまあありませんでした。

しかし、上に述べたように最近はそのようなアプローチでは上手く行きません。

アポが決まってもドタキャンされて終了です。

だから僕は、誠実系アプローチにシフトしました。

誠実系アプローチは、名前の通りですが、プロフィールやメッセージではヤリモク感は一切出しません。

例えば友達募集とか会うのは仲良くなってからとかです。

プロフィールの戦略については別の記事で書こうと思います。

また、アポ打診するまでたくさんメッセージのやり取りをして和みます。

会うつもりじゃなかったけど、色々話してお互い会いたくなっちゃってる状態が理想です。

正直大変ですが、これが出来ない相手と会っても話してて面白くないと思います。

このように、誠実系アプローチで別の男性との差別化によってたくさんのアポをとることが出来ました。

 

以上です。

なんか法学部だからなのか、かたい文章になってしまいます、しょうもない内容なのに。(笑)